トップ 加藤碵一さんスペシャルインタビュー01加藤碵一さんスペシャルインタビュー02
-plofile-

加藤碵一(かとうひろかず)

1947年神奈川県横浜市に生まれる

1973年東京教育大学大学院理学研究科地質鉱物学専攻修士課程終了

1975年 同博士課程中退(1977年理学博士)。通商産業省工業技術院地質調査所入所

その後、地質部層序構造課長、国際協力室国際地質課長、首席研究官、企画室長、環境地質部長、次長を経て

2001年 独立行政法人 産業技術総合研究所地球科学情報研究部門長

2002年 同東北センター所長

主な著書
「地震と活断層の本」
(共著,1979,国際地学協会)

「地震と活断層の科学」
(1989,朝倉書店)

「日本地質図大系4 関東地方」
(共著,1990,朝倉書店)

「日本地質図大系5 中部地方」
(共著,1991,朝倉書店)

「新しい地球観を探る」
(共著,1993, 愛智出版)

「地質構造の解析- 理論と実際」
(共著,1994, 愛智出版)

「地震と活断層を学ぶ」
(共著,1996, 愛智出版)

「日本地質図大系1 日本の地質総図」
(共著,1997,朝倉書店)

「石の俗称事典」
(共著,1999, 愛智出版)

「地震列島日本の謎を探る」
(共著, 2000,東京書籍)

「地質学ハンドブック」
(共編著,2001,朝倉書店)

「北アナトリア地震紀行」
(2004,愛智出版)

取材日:05/01/19

Page | 1 | 2 |  


念碑は「青葉石」

 とここまで書いてきたところ、あの石は、
剣持勇が宮城県丸森町の方の阿武隈川流域の石屋から
買い求めたという話があり、それは「青葉石」と
称された石材だというのです。

石材の名称は、必ずしも学問的な分類ではなく、
異なる種類の石を同じような名称で呼ぶことが
よくあります。「青葉石」と俗称される石材は
福島県飯館村産の青っぽい色調の花崗岩です。
これとは明らかに異なります。丸森町付近には、
中生代白亜紀後期の丸森複合花崗岩類が、
広く分布しており黒雲母花崗岩や
花崗閃緑岩などからなっています。

地元の石屋さんが、同様な花崗岩石材なので
ハクをつけるためかあるいは知らずにか
「青葉石」と名付けたのかもしれません。
または、石屋さんは地元産の石材だけ
売っているわけでもなく、国内外から購入して
加工販売しているのが通常なので、
福島産の「青葉石」を販売しているのかもしれません。
今後の課題(?)です。


鉱とは?

 さて、参考までに産工試から東北工試への歴史をひもとく上でキーワードとなる「黒鉱」や「黒鉱鉱床」についても以下に簡単に述べておきましょう。


 「黒鉱鉱床」とは、海底火山活動に伴う
(噴気堆積鉱床)硫化物鉱床で、世界各地の
様々な地質時代に胚胎しますが、日本では大部分が
いわゆるグリーンタフ地域(後述)に産出し、
特に秋田県北部に密集します(小坂・花岡・松峰・
釈迦内・深沢・餌釣・古遠部・相内鉱床など)。

時代的にも新生代新第三紀中新世西黒沢期に
限定されることが特徴的です。大変大まかに言えば
1,500万年くらい前の(地球の年齢に比べれば)
比較的新しい時代のものです。銅・鉛・亜鉛の
鉱床として盛んに採掘されましたが、
現在ではすべて閉山されてしまいました。
上位から、「鉄石英」・「重晶石鉱」・「黒鉱」・
「黄鉱」・「石膏鉱」・「珪鉱」
の順に重なっています。

「黒鉱」自体は、閃亜鉛鉱・重晶石のほか
テトラヘドライト・王鉄鋼などを含む緻密塊状の
黒色鉱石です(写真2)。
「黄鉱」は黄鉄鉱・黄銅鉱を主とし、その名の通り
黄色っぽい鉱石です。
「珪鉱」は、黄鉄鉱・黄銅鉱と多量の
石英からなっています。
石膏や各種の粘土鉱物からなるのが「石膏鉱」です。
「鉄石英」は、微細な赤鉄鉱を伴う細粒緻密な
石英から主に構成されます。
「重晶石鉱」は、その名の通り重晶石
(成分的には硫酸バリウムBaSiO4)からなります。


写真2 (独)産業技術総合研究所東北センター所蔵の
    「黒鉱」(岩手県二戸郡安代町花輪鉱業所産)

リーンタフとは?

 もう一つ説明しなければなりません。「黒鉱鉱床」が胚胎する「グリーンタフ」です。


「グリーンタフ」は直訳すれば
「緑色凝灰岩」ということになりますが、
我が国では、おもに、日本海側油田地帯の
新生代古第三紀漸新世〜新第三紀中期中新世
(大変大まかに言えば約3,000万年前〜1,500万年前、
もう少し新しいものもありますが)にかけて
変質して緑色を呈する珪長質〜苦鉄質
(含まれる二酸化珪素SiO2の量が様々ということです)
火山岩・火砕岩をいいます。

海底に火山灰などの噴出物が堆積したもので、
砂岩や泥岩などの普通の堆積岩もはさみ、
あるいは海底火山活動による溶岩なども挟みます。
また、石材名としては広く緑色を呈する凝灰岩を
称します。栃木県産の有名な石材である
「大谷石」や宮城県産の「松島石」もこの仲間で、
良く塀や土台に使われているのでご存じでしょう。


  (独)産業技術総合研究所東北センター 加藤碵一


←前へ